パンクしたらチューブ交換【誰でもできる!】

BMXにパンクはつきもの。

 

ライディング中はもちろん、

その日初めて乗ろうって時に「パンクしてるー!?」って場合も良くあります。

 

そんな場合はどう対応したらいいでしょうか。

 

補修?交換?

自分でやる?ショップに持っていく?

 

当時のじぶん達の悩みをもとに

今はどうしているかをご紹介します。

 

 

 

チューブは新品に交換しましょう

昔、ママチャリのパンクを補修キットで直したことがあったのですが、

非常に面倒な思いをしながら直していた記憶があります。

 

まぁママチャリは滅多にパンクしないんでそれでもいいのですが、BMXは違います。

パンクの頻度はママチャリよりもはるかに多いです。

チューブの補修は作業工程が多く面倒な上、時間もかかります。

穴探し→やすりがけ→接着剤→パッチ圧着→乾き待ち→漏れがないか確認→完了。

みたいな感じ。漏れていたらまた同じ工程を繰りかえす羽目になります。

 

BMXのパンクに同じ事やるなんてとてもじゃないけど無理。。。

 

なので補修ではなく、新品に交換すれば何も面倒なことはありません。

パンクしたチューブを外して、新しいチューブを入れるだけ。

速攻でライディングスタートできます。

 

いやでも待てよ、パンクの度に新品に交換していたらチューブ代が凄いことになりそう。。。

 

確かにそうかもしれません。

 

補修キットは100円ショップで手に入るので、

補修の方が安上がりなのは確かです。

 

でもやっぱり手間を考えると交換の方が圧倒的に簡単で、

なにせ短時間でパンクから復帰できます。

 

修理に時間を使うなら、サクッと交換してライディングに時間を使った方が有意義です。

それに、チューブ自体も実はそれほど高くないです。700円くらいから売っています。

結局はチューブも消耗品なので、補修して長く使うよりも、

パンクをきっかけに新品に交換してしまった方がいいと思います。

 

 

自分でチューブ交換にチャレンジ

せっかくですから自分で交換ができるようにしておくといいです。

 

というか、

決して難しい作業ではないので覚えてしまった方が絶対いいです。

 

パンクのタイミングはライディング中か、

またはその日に乗ろうとして初めて気がつくケースが割とあります。

 

ライディング中なら早く交換して戻りたいし、

これから乗るぞって時に乗れないのも非常にストレス。

 

どちらにしても早く乗りたいのに

わざわざお店に持っていくのは時間と工賃がもったいなさ過ぎるので、

いつでも自分で交換できるようにしておこう。

 

慣れてくれば10分程度で交換完了です。

 

【工具の準備は忘れずに】

空気入れ

空気を入れるときには必ず使います。

空気圧メーターが付いているものがオススメ。

 

六角レンチ

ブレーキパッドを外す為に必要かもしれません。

かもしれませんというのは、パーツによって仕様が異なるからです。

今回に限らず何かと出番のおおい工具なので持っておいて損はないでしょう。

 

ラチェットレンチセット

必ずしもセットである必要はないと思いますが、

”色々使えるかな”と思ってうちはセット物を購入しました

タイヤレバー

タイヤを外す際に必要な工具です。

たまにマイナスドライバーで代用している人がいますが、

ホイールやチューブに傷がつく可能性大。

高いものではないので専用品を用意しておきましょう。

もちろんチューブの用意も忘れずに!

チューブ

TIOGAのチューブが買いやすくサイズ展開も多いので

うちはいつもこれです。


 

【いざ作業!!】

まず、チューブ交換に用意した工具はこんな感じ。

 

 

  • 空気入れ(空気圧メーター付き)
  • 六角レンチ
  • ラチェットレンチ(スパナかメガネレンチでもOK)
  • タイヤレバー

 

では外していきます!

作業がしやすいようにブレーキパッドを外しておきましょう。

可能ならこんな風にブレーキワイヤーを外すだけでもOKです。

 

 

左右についているナットを外します。

 

 

チェーンが緩んできたら外しましょう。

この段階までくれば

フレームからホイールを外すことができる状態だと思います。

 

 

バルブの中心にあるピンを押し込んで空気が抜けますので、

十分に抜いておきましょう。

 

 

タイヤレバーの先端を差し込み、テコの原理でタイヤレバーを起こします。

写真のようにリムからビードが外れたら、

タイヤレバーの反対側をスポークに引っ掛けておきましょう。

 

 

最初のタイヤレバーから少し離れた位置に

もう2本目のタイヤレバーを差し込みます。

1本目と同じ手順で手前に起こし、ビードを外します。

ここまでできれば手で外れるようになりますが、

難しいようでしたら3本目のタイヤレバーを使いましょう。

 

片側のビードが無事に外れたら

パンクしているチューブを取り出しましょう。

 

 

付けていきましょう!

では、新品のチューブに交換していきます。

 

まず最初にチューブにすこーしだけ空気を入れます。

チューブの形がわかる程度に軽く入れてください。

こうする事で作業が一段とやりやすくなります。

 

今回ついでにタイヤも交換したのでデザインが違いますが悪しからず。

まずバルブから先に入れていきます。

このバルブを中心にして、タイヤに左右からチューブを入れ込んでいきます。

 

全てのチューブが入りきったらビードも入れていきます。

 

後半、ビードが突っ張って入れにくい場合はタイヤレバーを使ってみましょう。

その際、中のチューブを傷つけないように注意してください。

 

 

チューブとビードが無事に入りきったら、

タイヤからチューブがはみ出ていないか全体を確認します。

はみ出たまま空気を入れてしまうとチューブが破裂します。。。

(パァンッッッッ!!と、ものすごい音が響きます。)

 

確認して特に問題なさそうなら空気を入れていきましょう。

タイヤのサイド面に指定空気圧が表示されているので、

空気圧メーターを見ながらせっせと空気を入れます。

(空気圧メーターが付いていない場合は感覚に頼るべし。。。)

 

 

空気を入れている途中でバルブの向きを確認。

写真のように傾いているのはNGです。

一度空気を抜いてバルブの位置をまっすぐに調整し直してください。

 

問題なく規定量まで空気を入れたらOKです!

あとは最初と逆の手順でフレームに取り付けていきます。

 

チェーンを付けて、ナットを締める。

ブレーキを元に戻したら、はい完成!!!

行ってらっしゃーーーい!!

 

 

 

まとめ

BMXにとってパンクは日常茶飯事のバイクトラブルです。

 

スペアのチューブと工具さえ準備しておけば、

いつでもどこでもパンクに対応できます。

 

これでもうパンクは怖くありません。

ガンガン攻めていきましょう。

 

 

おしまい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です